婚約指輪の値段が安いのはショック?

彼からもらった婚約指輪はダイヤなしで安くてショックだった

20170514055514 - 彼からもらった婚約指輪はダイヤなしで安くてショックだった

私は26歳の時に、当時付き合っていた彼と結婚することになり、二人で婚約指輪を買いに行くことになりました。

と言うより、結婚前提での付き合いだったため、指輪を買いに行こうと提案されたとき、ああ婚約指輪だなと思ったというのが正しいかもしれません。

彼は世界的にも名の知れた企業に勤めていたため、羽振りは悪くはありませんでしたが、小心者な部分もありました。

当時、先に結婚をした友達から、婚約指輪の金額や受け取った経緯についていろいろと話を聞いていたため、私はてっきりどこかの貴金属店かせめてデパートの宝石売り場に入るのだろうと思っていました。

相場的にも10万円は下らないだろうと考えていましたし、石についても基本はダイヤかなと考えていました。

しかし彼が選んだのは、基本的にはバッグや服飾品を扱うことの多いファッションブランドの店ばかり。

しかも目星をつけておいたというわけでもなく、数軒をハシゴしてどれがいいか迷いに迷うというスタイルでした。

その時点で若干興冷めしていたのですが、最終的に彼が選んだのは、ピンクゴールドの少しごつめな指輪で、しかも石はありませんでした。

お値段も7万円と、想像していたものよりかなりリーズナブルです。

初めて送られた指輪なので嬉しいことは嬉しかったのですが、そこは額にビビらずにもっといいものを選んでほしかったなと、今でも思います。

彼からもらった婚約指輪は学生でも買える安い指輪でショック

f:id:svam6479:20170514055741p:plain

私が初めて婚約指輪をもらったのは28歳の時でした。

5歳年上の商社勤務の男性と付き合っていて、金銭的にはとても裕福だと思います。

食事やデート費用はすべて彼が支払ってくれていたので、その部分も含めて私にはとても魅力的でした。

付き合って3年目の私の誕生日に彼からプロポーズされました。

その少し前から婚約指輪の話をちょくちょく持ちかけてきていたので、プロポーズしてくれるのかもという予感はありました。

私は自分の好きなブランドを彼にさり気なく話しました。雑誌などを見ていて、お目当ての指輪があれば「これ可愛い!」と言ってみたり。

そんな私を彼もしっかりチェックしていると思っていたのですが。

プロポーズとともに渡されたのは聞いたことのないブランドの指輪で、ダイヤも比較的小さめでした。

今までお金のことに関してはすべて彼持ちだったため、この指輪には拍子抜けしました。

想像では私が欲しいと思っていた指輪よりもっとダイヤも大きく豪華だろうと思っていたからです。

でも私が知らないだけで、本当はとても有名ブランドなのかもしれないと帰宅してからそのお店を調べました。

するとやはり全く知らないブランドで、学生がちょっと背伸びしてプレゼントするような価格でした。

こんな安い指輪を婚約指輪として渡してくるなんて!と心底ショックでした。

そのことを正直に彼に話すと、指輪ごときにそんなお金をかけてどうするんだと言われ、それをきっかけに別れを告げました。

 

え、最後こういう展開?と驚いてしまったのがこの体験談。。

でも女性にとってはそれだけ夢があるのが婚約指輪。

こういうことも少なからずあるんですよ、まじで。