婚約指輪が欲しいけど言えない!彼に伝えるためにはどうすれば良い?

私が婚約指輪が欲しいと言えなかったのは、でき婚でバタバタしていた為

20170312204946 - 私が婚約指輪が欲しいと言えなかったのは、でき婚でバタバタしていた為

私は、できちゃった結婚でした。

当時、20代で妊娠してしまい、両親に話すと「早く式場を決めなさい」と言われ、かなりバタバタしていました。

両親に話した時点で妊娠三ヶ月を迎えており、早く式をしなきゃみたいな空気が漂っていました。

そんな中、私は婚約指輪はいつもらえるんだろう、と期待もしていました。

ところが、彼はいつまでも経ってもそんな素振りは見せません。

忙しい準備や、新居に頭がいっぱいのようでした。

そんな何も気付かない彼に、だんだん私は、イライラしてきました。

そして、ある時、言われたのです。

「最近、何で機嫌悪いの?」と。

そこで、私はぶちまけました。「婚約指輪は一生に一回の物だから絶対に今、欲しい」と。

それは、ちょうど、式の席順を決めている時でした。

彼は、びっくりした顔をしていましたが、何も気付いていなかったようで、すぐに笑顔で言いました。

「それで機嫌悪かったんだ!言ってくれれば良かったに。気付かなくてごめんね。そうだよね、一生に一度だね。」となだめてくれ、それからすぐに婚約指輪を買いに行きました。

できちゃった結婚が決まり、これからの事に追われていて、指輪の事なんてこれっぽっちも頭になかったと話していました。

男の人なんてそんなもののなのねー、と思った出来事でした。

女性は、指輪を夢見て、ずっと待ってるのに。

私が婚約指輪が欲しいと言えなかったのは、金銭的な余裕があまりないと知っていたから

f:id:svam6479:20170312205408p:plain

付き合っているときから、結婚式の資金を二人で貯蓄していました。

結婚指輪は二人でつけることもあり買うのが自然だと思っていたので、結婚式の資金の一部に考えていましたが、婚約指輪をプレゼントしてほしいと伝えるのは躊躇してしまいました。

高価なうえに、普段使いするものでもなく、先に結婚した友人からは「婚約指輪はずっと貴重品入れの棚に眠ってる」なんて聞いていたので、そういう非実用的なものに何十万というお金を使うのがとても贅沢に思えたからです。

金銭的な余裕があまりなかったので、なおさら私だけが身に付ける婚約指輪を欲しいとは言えませんでした。

でも、「婚約指輪をプレゼントしてもらえるのは、たぶん一生に一度きり」という気持ちが捨てきれません。

彼に伝えるべきか少し考えて、結局何も言わず、時間が過ぎていきました。

数か月後、一緒に結婚指輪を見に行ったとき、彼の方から婚約指輪は何がいいかな、と聞かれました。

驚いて彼に聞くと、金銭的な余裕は確かにあまりないけれど、やっぱり一生に一度のものだし贈りたいと思っていた、とのこと。

私はすごく嬉しくて、ダイヤモンドのあれこれを指輪に無頓着な彼に次々と話しました。

何カラットだとか、透明度が高いとか、不純物を含まないとか…。振り返ると、あの時ははしゃぎすぎたな、恥ずかしいな、と思います。