婚約指輪を自分で買った人はいるの?理由は?

私が婚約指輪を自分で買ったのは、友達に婚約したと自慢したかったから

20170311214448 - 私が婚約指輪を自分で買ったのは、友達に婚約したと自慢したかったから

私は子どものころから、母親の指輪を持ちだして、自分の指につけて遊んでしまうことがありました。

母親の指輪はパールの指輪でしたが、ダイヤの指輪はもっていないようでした。

18歳になってから、父親が就職祝いで18金の小さいダイヤのついた指輪を買ってくれたことがありました。

その時から指輪が好きになってしまって、自分の給料で18金のルビーのついた指輪や、ネックレスなども購入するようになりました。

私は仕事のストレスで、ジュエリーを買うことが頻繁になってしまって、指輪の数もどんどん多くなってしまったのでした。

会社の先輩は、大きな婚約指輪をもらって寿退社していきました。

その先輩は、1カラットもあるダイヤのプラチナの婚約指輪をもらっていましたので、びっくりしました。

当時は、大きくても0.5カラットくらいのダイヤの婚約指輪をもらってる人が多かったのです。

私は、友人の紹介してくれた人と2年付き合って、婚約することになりました。

でもその婚約相手は借金があるとのことでしたので、婚約指輪は買ってあげることができないといわれました。

でも会社の同期の子に、婚約したことを自慢したかったので、自分で御徒町にいってノーブランドの0.3カラットのダイヤの指輪を買って、同期の子に婚約したことを自慢しました。

婚約指輪を自分で買ったのは、当時の彼の収入が少なかったから

f:id:svam6479:20170311214705p:plain

今でこそ、安定した生活収入を得ていますが、結婚前の旦那の収入は自営業で会社を起こしたばかりで、生活するのでいっぱいの収入しか得ておりませんでした。

本来なら、安定した収入を得られるまで結婚はしたくなかったのですが、私が妊娠してしまったこともあり、子供を出産する前に入籍と結婚式を挙げたかったので、その頃キャリアウーマンでバリバリ働いていた私は、自分の婚約指輪と旦那の指輪を私が購入してあげることに決めました。

私が購入した婚約指輪は、4℃のブランドです。

式場は知り合いの式場を利用させてもらったので、当初予定していた資金よりも安くで抑えることができ、その余った分を指輪にまわしてしまいました。

婚約指輪は一生物なので、気に入ったものを我慢せず、かといって高価すぎるものは分不相応なので、身の丈にあったものを選び、0.3カラットの40万くらいのものを購入しました。

後から後悔したのは、ノーブランドのものなら、同じ金額で倍くらい大きいダイヤの指輪が買えたと言う事でしょうか。

ブランドにこだわらず、ダイヤの大きさで婚約指輪を決めればよかったです。まぁ、ブランドに拘るか宝石の大きさに拘るかは、その人の好みによると思いますがね。