婚約指輪で後悔したこと又は後悔しないために気を付けることは?

私は婚約指輪のダイヤが小さすぎてしまって後悔しています

2018 12 31 12h56 22 - 私は婚約指輪のダイヤが小さすぎてしまって後悔しています

私は子どものころに、母親のジュエリーボックスから、パールの指輪を取り出して、それを自分の指につけてしまって、遊んでいたことがありました。

母親は、それは唯一父親からもらった婚約指輪だといっていました。

でも、子どもでしたがなんで婚約指輪がダイヤモンドではないのか、不思議に感じてしまっていました。

そのパールの指輪はすごく軽くて、偽物なのではないかとおもってしまったのでした。

私はOLになってから、自分の給料で18金の指輪を買うことが趣味になりました。

でも、同僚のこが結婚が決まったといって、会社に大きなダイヤの婚約指輪をつけてきたのでした。

そのダイヤをみてうらやましいとおもってしまったのでした。

0.5カラットもあると言っていましたので、自分も婚約するときは、そのくらいの大きな婚約指輪をもらえると思いました。

でも、26歳で友人の知人を紹介してもらって、1年で婚約したのですがもらった婚約指輪のダイヤの大きさが0.2カラットという小さなものでしたので、40代になってから恥ずかしくて付けていません。

ダイヤが小さすぎてしまって、後悔しています。

私は婚約指輪に関しては後悔はしてない、相手に任せず、自分も一緒に選ぶことが大切です

2018 12 31 12h58 47 300x195 - 私は婚約指輪のダイヤが小さすぎてしまって後悔しています

婚約指輪をもらった後に後悔している人の理由はいろいろあるとは思いますが、一番多いのはデザインが気に入らなかった、ではないでしょうか。

旦那様になる方の年収だけでなく、考え方によっても、婚約指輪にかける金額は変わってくると思います。

ダイヤは大きさだけでなく、カラーやカットの仕方によっても値段が全く違ってきます。

婚約指輪は結婚指輪と違って、結婚後は常に身につけておく指輪ではなくアクセサリーとして身につける人が多いと思います。

私も結婚指輪は常に身につけていますが、婚約指輪は結婚式の披露宴やパーティーへの参加など、ドレスでおでかけするときくらいしか身につけることはありません。

それでも、婚約指輪を指にはめて見つめると幸せな気持ちになれます。せっかく買ってもらった婚約指輪です。

後々残念な気分にならないためにも、買うときはお相手に任せっきりにするのではなく一緒に選ばせてもらいましょう。

サプライズで婚約指輪を用意してくれる男性もいるかもしれませんが、そういうタイプの人には、もうすぐプロポーズされるかも…と感じ始めたくらいに、さり気なく指輪のデザインの好みなどを伝えるなどしておくといいですね。

一緒にお店に行く場合は店内で男性に恥をかかせないためにも、予めある程度の予算を聞いておくことができれば、その予算内で自分の好きなデザインのものを選ぶことが可能です。小さくても飽きのこないデザインがいいですよ。