婚約指輪はなぜダイヤ?ダイヤモンドが人を魅了する理由

結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

2018 12 30 20h29 06 - 結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

結婚するときに用意する指輪は2種類あります。

それは婚約指輪と結婚指輪です。

男性はよくわからない方が多いのではないでしょうか。

私の彼も違いが分からなかったようです。

しっかり教えておきましたよ!

まず、婚約指輪とは彼にはわかりやすく、

「男性が女性に婚約の印に贈るもので、大きい一粒石付けている人がいるでしょ?それが婚約指輪!」

「結婚指輪は結婚式の時に交換するお揃いの指輪だ」と説明しました。

なんとなく理解した模様ですが、どれほど女性が婚約指輪を大切に思っているか、またどれだけ高価なものか説明したらその価格に驚いていました(笑)

彼が友達とタクシーに乗ったときに、友達と婚約指輪について話していたら、運転手さんも会話に参加したそうです。

どんな話したの?と聞いたら、「女の人は婚約指輪に夢があるから、あげなかったり出し惜しみすると、あとで喧嘩になったり、根に持ってたりするらしいよ。」と言ってたそうです。

そしたら、タクシーの運転手さんが「僕はあげてなくて、その話は耳が痛いです。。」と言っていたそう!

以外に友達同士でもそんな話をするんですね。女の人はもちろんしますが!

また丸い指輪は、永遠に途切れることのない愛情を示しており、身に着けることでより相手の存在を強く感じることができます。

確かにお揃いの指輪って心が正されるというか、指輪を見るたびにあの頃の思い出が蘇ってきます。

一生ものなので、後で後悔するこのないよう、特にオーダーなどは早めに下見や注文することをお勧めします。

また、婚約指輪を選ぶ際には結婚指輪も一緒に見ておいて、重ね付けのバランスなどもみておくといいかもしれません。

良い指輪が見つかりますように。